初心者が読むべき500のノウハウ記事のまとめ

【YouTubeで稼ぐ】アフィリエイト発想を活かした稼ぎ方と再生回数を取る方法【検索意図で勝つ戦略】

こんにちは!
アフィリエイトの超ノウハウコレクターごま吉(@Lv1gomakichi)です。

最近アフィリエイターのYouTube進出が続々始まってますね。

アフィリエイト初心者の皆さんは、どうでしょうか?Youtube意識してますか?『ブログですら満足に稼げていないのにYoutube参入なんて、とんでもない!』と思っている人もたくさんいると思います。

そら、そうやで。

ごま吉

でも、少し考えてみてください。収益のチャンスがあるのに傍観してていいんでしょうか?ひょっとしたらブログより向いている・・なんてこともあるかもしれませんよ?

どんなビジネスでも「先行者利益」というのは必ずあります。

ブログでのアフィリエイトは、クエリを探すたびに心が折れていきます。笑。ブルーオーシャンなんて見つからない(´・ω・`)ショボーン

皆どんだけアフィリやってんのぉ( ゚д゚ )クワッ!!

ごま吉

一方YouTubeは、有名なアフィリエイターさん達が言うようにまだまだ参入する隙間がたくさんあります。

本日は

アフィリエイトのノウハウをYouTubeに活かせないか?


という視点で記事を書いてみました。

競合数だけでいうとYouTubeはブログアフィリエイトの100倍は競合が少ないです(※体感)。調べただけでも参入メリットはあるように感じています。となると、、あとは作業するだけですね。

どうぞ、興味のある人はご覧ください。

YouTube(ユーチューブ)で求められているものって何だろう?

Youtubeユーザーは『何を検索する』でしょうか?自分をモデルに考えてみました。

ぶっちゃけ私は、バラエティ的な要素を除くと

  • 何かの解説や説明を求めてYouTubeを使用
  • わかりやすい解説が欲しいから
  • なぜなら文字情報では『わかりにい』から
  • また『文字は読むのが面倒くさい』から

この目的でしか使ってない気がします。

楽して、しっかり知りたい

ごま吉

具体例で言うと、

  • キャンプ用のテントの「貼り方」
  • 料理の「作り方」
  • 商品のレビューや「使い方」

こんなもんです。

バラエティ動画はたくさん見ますよ( ゚д゚ )クワッ!!

ごま吉

バラエティを除けば、今後求められていく動画は「学び系(使い方、作り方、方法など)」だと思ってます。

以前はYouTubeなんて見てると親に叱られる風潮もありましたが、今やテレビでYouTubeを見る機能もあるくらい「市民権」を得た媒体となりました。

TVに例えると、少し前からNHKの番組人気が高まったように感じています。それは、コンテンツの質が高い→すなわち「ためになる」認識が広まってきたからだと思います。(時代もそうしたコンテンツを求め始めました)

YouTubeも同様にバラエティ目的ではなく、世の中に「答えを提供できる」媒体になると思います。

googleもそうしたいんじゃないかな?

ごま吉

学び系の動画の良いところは、あまりトレンドに影響されない点です。一度作れば長期間閲覧されるコンテンツに成りえます。

念頭に置いておきたいのは、バラエティ系やトレンド系の動画に比べて検索ボリュームは悲しいほど少ない点です。

YouTubeと聞くと『何百万回再生!』とか聞きますが、100回再生してもらうだけででもかなり大変です。

私の知り合い(普通のサラリーマン)で、子ども関連の「普通の動画」をアップしただけで何千万回再生を達成した人がいます。秘訣を聞くと、YouTubeが流行る前からアップしていたからだそうです。それだけです。

先行者利益の典型ですね

ごま吉

※現時点でトップクラスのアフィリエイターですら1つの動画が30万回再生くらいです。

アフィリエイター視点で『YouTubeの検索ワード』を考える

先日こんなツイートをしました。

アフィリエイター的なロジックは、YouTubeに活かせるんじゃね?

ごま吉

YouTubeも『検索需要』を見越して動画を作れば再生取れますよね。

アフィリエイターっぽい( ゚д゚ )クワッ!! 感覚じゃなく論理的にやってみよう

ごま吉

『共起語』を軸にYouTube需要を探す

というわけで、さっそく参考にさせてもらったのがKUMAPさんの記事です。

【無料】スーパーブロガー「KUMAPさん」執筆のnoteを拝読した。SEO初心者が狙うと良いキーワードジャンル50選

こちらの記事を見ながら『共起語(対象とセットで検索される言葉)』を抽出&考察します。

  • おすすめ 
  • 人気
  • 稼ぎ方
  • コツ
  • 使い方
  • 作り方
  • 方法
  • 比較▲
  • 無料▲
  • 初心者?
  • 感想
  • 解説
  • 出し方
  • やり方◎

こんな感じで共起語を抽出しました。
※▲だとか◎だとか付けているのはブログアフィリエイトなら行けそうだけど、youtubeだとどうかなぁと思ったものです。

▼共起語検索はこちらも便利です

【おすすめ】記事構成の時間短縮ができる!検索意図を調べるツール「LSI(共起語検索) Graph」の使い方:いっぺこっぺ

他には、

  • 設定

※ブログとかデジタル的なものじゃなくて、もっとアナログなもの。
例)草刈り機とか電子レンジ、ホームベーカリー

とか

  • ゲーム名◎

などおすすめです。
特にゲームはYoutubeでは鉄板ネタです。実際にYouTubeにゲーム動画を投稿してますが、大した編集もないのに再生回数がそれなりに取れてます(※チャンネル登録者数はゼロ)

あと、キラーワードっぽいなぁと思うのが

  • 歴史

ですね。

私は、子どものテストのために「歴史」を教えることがありますがテキストオンリーだとあまり伝わらないことが多いです。(図や写真などあるとわかりやすいですが・・苦労してます)

これが、オリラジあっちゃんみたいにわかりやすい解説ができたら・・・教材になりますよね。

↑歴史+トレンド(映画キングダム)コンボですね。

歴史は過去なので変わることはありません。コンテンツとして長生きすることは目に見えてます。

今はフォーカスされて無くても今後フォーカスされそうな歴史って・・・実は結構ありますよねw

ちなみに、ネタは「三国志」みたいな大きなテーマの解説動画ではなく「呂布の最後」みたいなコアな解説が良いと思います。

アフィリエイターの定石「ビッグワードよりスモールワールドを狙え方式」です。

ごま吉

ちなみに「呂布の最後」と検索すると・・・ゲームの画面ばかりですねw

純粋に歴史を知りたい人にはミスマッチです

ごま吉

YouTubeでの検索ボリュームを調べる

YouTube内の検索ボリュームってどうなってるんだろう?

そう思ったことはありませんか?

有料で調べれるツールがありますが、月1万円くらいかかります。
»KeywordTool

月1万円とか無理www

ごま吉

とりあえずお金はかけたくないので、無料でできる方法を考えてみました。

YouTubeサジェストキーワード一括DLツールを使う

»YouTubeサジェストキーワード一括DLツール

こちらに先程例を挙げた共起語を入力します。
今回は「やり方」で調べてみます。

でました。でました。たくさんあるのでCSVをダウンロードしましょう。

Excel→テキストエディタでプレーンなテキストを生成

先程のCSVをexcelで開きます。

B列をコピーして、一度テキストエディタにペーストします。(プレーンな状態のテキストに変換するため)

ペーストしたテキストをもう一度全部コピーします。

キーワードプランナーで検索ボリュームのアタリをつける

キーワードプランナーにアクセスします。

「検索ボリュームと予測データを確認する」を選んで先程のテキストをペーストします。

過去の指標を見て「月間平均ボリューム」をクリックします。そうすると、

  • YouTubeで「やり方」を探しているネタ
  • その検索ボリュームの目安

が分かります。

memo
検索ボリュームはあくまで検索エンジンベースで出たものです。youtubeの実際の検索ボリュームとは異なります。とはいえ、そこまで遠くは無いだろうなとは思います。

※正確に検索ボリュームを出したいなら有料ツールを入れましょう( ゚д゚ )クワッ!!

Youtubeで「検査意図とのマッチングが甘い」検索結果を探す

候補がでたら目ぼしいワードをyoutubeで検索して競合動画の内容を確認します。ここでは「検索意図とマッチングが甘い」検索結果を探していきます。

例えば

メイク やり方 20 代

このキーワードの検索結果を例に取ると、

一見、検索結果は正しく出ているように見えますがスクロールしていくと、

「この人・・20代??」っていう人も混じっている→ミスマッチ

また、瞬間的に

「20代のメイク動画はこちらですよ」と判別できる動画は少ない

つまり、検索意図に対しての「詰め(ピンポイントさ)」が甘いんです!

これ、アフィリエイターならタイトルに「20代 メイク 動画」と入れたり、アイキャッチ画像にもキーワード盛り込みますよね?

むしろ、そうした意図の動画が無いとも取れます。対象がざっくり「メイク 初心者」ですよね

ごま吉

この辺がyoutuberとアフィリエイターの視点が違うところだと思います。

簡単に言うと、youtubeって凄いけど「まだ使いにくい」んです。

YouTubeは、まだ検索意図にジャストフィットしている動画が多くない
現状、検索意図にマッチしている動画を探しにくい

ブルーオーシャンではないですが、検索を観点に競合数を考えた時ブログアフィリエイトに比べると激甘設定ですよね。

ブログアフィリエイトは一言一句が勝負の『修羅の世界』

ごま吉

アフィリエイターには母艦となる「ブログ」がある

YouTube動画単独で収益を上げるのは『まだまだ大丈夫!間に合う!』とは言われてますが、、特別なきっかけやアカウントに力が付いてこないと収益化は長い道のりです。

収益化の条件として、チャンネル登録1,000人と再生時間4,000時間必要

ごま吉

よっぽど面白い動画が作れたら別ですが、YouTubeはアフィリエイター得意の「有益なコンテンツ(動画)」でも簡単に稼げないと思います。

なぜなら「有益さ」という要素だけではPVが取りにくいからです。

基本YouTubeは、エンターテインメント中心。ハウツー系動画は圧倒的にニーズが少ないです。

ごま吉

ですので、アフィリエイターが得意な『有益な情報を提供する』という基本戦略は生かして

  1. 有益な動画を提供
  2. さらに有益な情報をブログで紹介(無理ならチャンネル登録で機会を増やす)
  3. ブログへ着地でアフィリエイトによるコンバージョンを狙う
  4. 収益化

このスタイルの方が優位性が高いと思います。

一部有名アフィリエイターさんたちは既にやってますね

ごま吉

POINT
SNSなどでフォロワー集めたり、ブログで実績を作って『権威性』を高めておくとCV率は上がります。

YouTubeは『未来をイメージさせる』ことも重要

作成する動画は、文字情報を単純に動画にしただけでは伸びません。

それは「見る気がしない」からです( ゚д゚ )クワッ!!

ごま吉

文字以上に映像は『雰囲気(空気)』が重要になってきます。TV番組制作も同じですが「見たいと思わせる空気を作る」ここが、ネタ探しと同じくらいハードな部分です。

雰囲気は、映像のテクニックだけの話ではありません。
動画を見た先(未来)をイメージさせることも大事です。

私の場合で例えると、

子どもにクリスマスプレゼントしようと思って「おもちゃの使用感」をYouTubeで探しました。プレゼントするものは概ね決まっていました。

ちなみにプレゼントは、「仮面ライダー変身ベルト」または「特撮戦隊モノのおもちゃ」の2択でした。

親としては、マジの説明なんて欲しいわけじゃないんです。おもちゃを使って子どもが『どれだけ喜ぶか?(驚くか)』を知りたいんです。

結果、仮面ライダーベルトを巻いて楽しんでいる我が子を想像させてくれるYouTubeのレビューがありましたので、仮面ライダー変身ベルトに決めました。

アフィリエイターが優れている点は、この「不安を払拭させる→未来を想像させる→次のアクションに移させる」能力だと思います。

【まとめ】YouTubeでアフィリエイト発想を活かした稼ぎ方と再生回数を取る方法

まとめますと、

  • YouTubeで稼ぐなら「学び系」のコンテンツがおすすめ
  • アフィリエイター視点なら検索意図を読み取ったジャストなコンテンツ提供ができる
  • YouTube再生回数での収益狙いではなく、アフィリエイターの母艦である「ブログ」を生かしてアフィリエイトCVを狙う

いかがだったでしょうか?

色々な考え方があると思いますが、大事なことは『誰にとって何の価値がある動画』を提供できるか?が一番だと思います。

収益はその先に有るものですが、設計する段階でマネスタイズをどれだけ緻密にできるか?が、アフィリエイターが先行者利益に勝てるポイントかなと思います。